スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

停滞に襲われていた時代のことを

JUGEMテーマ:気になる本



有名な言葉「銀行の運営、それは銀行自身に信頼があって繁盛するか、そこに融資するほど価値がないものだと評価されて順調に進まなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
つまり外貨MMFとは?⇒日本国内において売買することができる貴重な外貨建て商品のひとつのことである。外貨預金と比較して利回りがかなり高いうえ、為替変動によって発生する利益が非課税だという魅力がある。証券会社で購入できる。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法の定めに基づき、保険の取り扱い・販売を行う保険会社は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社に分かれることとされており、いずれの形態であっても内閣総理大臣からの免許を受けた者のほかは行えないということ。
外貨商品。外貨両替のメリットデメリット。国外旅行であったり手元に外貨を置いておきたい場合に利用されることが多い。最近は円に対して不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
簡単にわかる解説。株式とは、社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、出資を受けても法律的に企業は出資した者に対する返済する義務はないとされているのだ。それから、株式の換金は売却という方法である。
いわゆるデリバティブについて。伝統的・古典的な金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場変動が原因のリスクから逃れるために生まれた金融商品であって、とくに金融派生商品と呼んで区別することもある。
知らないわけにはいかない、ペイオフ⇒不幸にもおきた金融機関の経営破綻が原因の破産の状態の際に、預金保険法で保護する預金者(法人・団体も含む)の預金債権について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
大部分のすでに上場している企業の場合、事業運営のための資金集めのために、株式に加えて社債も発行するのが当たり前。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済義務の規定である。
西暦2000年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に関する事務を移管しこれまであった金融監督庁を金融庁(現金融庁とは異なる)として再スタートさせた。さらには2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。
麻生内閣が発足した2008年9月に大事件。アメリカの超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったのです。この経営破たんが世界的な金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と呼ばれたのだ。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、当時の総理府の外局として大臣を組織の委員長とした機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年7か月組み入れられたことになる。
覚えておこう、スウィーブサービスとは、普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座間なら、株式等の購入代金などが自動的に振替えてくれる新しいサービスである。同じ金融グループによる顧客の囲い込み戦略なのです。
平成10年6月、大蔵省銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るものを区分して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局のひとつとしてこれまでになかった金融監督庁が設けられたのです。
【解説】保険:予測できない事故で発生した財産上の損失を最小限にするために、制度に参加したい複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、準備した積立金によって予測不可能な事故が発生した者に定められた保険給付を行う仕組みなのです。
このことから安定的で、かつ活き活きとしたこれまでにない金融システムを誕生させるためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関及び行政(政府)がお互いが持つ解決するべき課題に積極的に取り組まなければならないのだ。

スポンサーサイト