スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

どの、信用力債務

JUGEMテーマ:気になる本



中国で四川大地震が発生した2008年9月15日に、アメリカの名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したというニュースに世界が驚いた。このことがその後の歴史的金融危機のきっかけになったため「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのが由来。
説明:「失われた10年」という言葉は本来、国全体の経済、あるいはある地域の経済が約10年もの長期にわたって不況、加えて停滞に直撃されていた10年を意味する言い回しである。
よく聞くコトバ、ロイズと言えばイギリスのロンドンの世界中に知られた保険市場を指すと同時に制定法に基づき法人と定義された、ブローカーとシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合を指す場合もある。
きちんと知っておきたい用語。バブル経済(日本では昭和61年からが有名)とは何か?時価資産(例:不動産や株式など)が市場で取引される価格が過度の投機により実体経済の本当の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。
平成10年6月のことである、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌する業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分を切り離して、総理府(当時)の外局として位置付けられたこれまでになかった金融監督庁を設置 することになったということ。
つまりスウィーブサービスはどんな仕組み?今までの銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座の間において、株式の購入資金や売却代金などが手続き不要で的に振替される新しいサービスである。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み作戦なのです。
「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行が前触れもなく破綻という事態に陥った。そして、初となるペイオフ(預金保護)が発動して、3%(全預金者に対する割合)程度、それでも数千人を超える預金者が、初適用の対象になったと想像される。
一般的に金融機関の格付け(ランク付け)っていうのは、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関だけではなく社債などを発行している会社に関する、信用力や債務の支払能力などを主観的に評価する仕組み。
いわゆる外貨預金って何?銀行で扱うことができる資金運用商品の一つ。米ドルなど外国通貨で預金する商品の事。為替変動によって利益を得られるけれども、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
簡単にわかる解説。外貨両替⇒国外旅行もしくは外貨が手元に必要な場合に利用されるものである。しかし円に対して不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
全てと言っていいほど株式市場に公開している上場企業の場合は、企業の運営のための資金調達の手段として、株式以外に社債も発行するのが普通。株式と社債の一番大きな違いは、社債には返済義務があるということですからご注意を。
FX(エフエックス):要は外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す取引です外貨預金または外貨MMFなどよりも利回りが高いうえ、手数料等も安いという特徴がある。身近な証券会社やFX会社で始めよう!
FX(外国為替証拠金取引):最近利用者が多い、外国の通貨を売買して補償金の何倍もの利益を出す取引なのである。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFよりずいぶんと利回りが高く、さらに手数料等も安いというのがポイントである。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社へどうぞ。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフというのは、突然の金融機関の破産・倒産が起きた場合に、預金保険法の規定によって保護される預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権(預金保険法の用語)について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
よく聞くコトバ、外貨MMFというのは日本国内であっても売買が許されている外貨商品の名前。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが良い上に、為替変動によって発生する利益が非課税だというメリットがある。証券会社で購入可能。

スポンサーサイト